フランス語で「アロマ=芳香」「テラピー=療法」を意味するアロマテラピー(芳香療法)。精油と呼ばれる花や木などの植物由来の芳香成分を用いて、心身の健康や美容の増進を促す療法のことをいいます。皆さんも綺麗な花が咲いていたりすると「この花はどんな香りがするのだろう…」と香りが気になり、花に顔を寄せて深呼吸をしている自分に身に覚えはありませんか。意外に”深呼吸をする”ことは、多忙な毎日を送る現代人の私たちにおいて忘れがちなこと。深呼吸をすることで、私たちはゆっくりとした時間を自分自身に与え、心にゆとりを取り戻します。また浅い呼吸ばかりで滞りがちだった部分にまで空気がいくことで、脳や気管支・臓器などが活性化し、もともと人が生まれながらにして持っている心身の自然治癒能力の向上、また手の届きにくい人体の内側の部分の活性化などにも非常に有効なのがこのアロマテラピーなのです。加えて、そこにエステティック要素…つまり、痩身マッサージやツボ押しなどの外側からの全身美容術が加わることで、内側からも外側からも癒され、疲れを取り除いてくれる上、その人本来の美しさと心身の健康を取り戻すことができる…というのが「フランス由来のエステ!アロマテラピー」。良い香りに包まれながら、今も古きフランスの時代より受け継がれ続け、世の女性に愛され続けているエステ”アロマテラピー”をあなたも一度試してみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply